046-244-4137

24時間予約OK
Web予約はこちら

046-244-4137

※祝日のある週は、木曜日に診療する場合もございます。

診療時間
9:00~12:30 ● ● ● × ● ● × ×
14:00~18:00 ● ● ● × ● ● × ×

ドクターズファイルに掲載されました

コラムcolumn


入れ歯の保険診療と自由診療

皆さんこんにちは!
小田急電鉄・相模鉄道・JRの海老名駅東口から徒歩3分にある、「K’sデンタルクリニック」です。

入れ歯と言えば厚みがあってグラついたりズレやすいものだと思ってはいませんか?
最近では自由診療で、患者さんのご希望に合わせたさまざまな入れ歯を作ることができます。
今回は、入れ歯の保険診療と自由診療についてお話しします。

 

保険診療の入れ歯とは

保険診療の最大のメリットは、医療保険を使って支払う治療費を抑えられるということです。リーズナブルに治療が受けられる一方で、決められた材料や治療方法しか選べません。

そのため、保険診療で入れ歯を作ると、ピンク色の歯科用プラスチック(レジン)で作られた入れ歯になります。

レジンは丈夫で刺激や毒性もなく、なめらかできれいなため、これまで数十年に渡って入れ歯の材料に使われてきました。その一方で、多少厚みがあるため、食べ物の温度が感じにくくなったり、違和感を感じることがあります。

また、部分入れ歯の場合は、歯に引っ掛けるクラスプが外から見えてひと目で入れ歯だとわかります。

 

自由診療の入れ歯とは

自由診療では、治療費を自費で出すことで自由に材料や治療方法を選ぶことができます。そのため、自由診療の入れ歯は、床に金属やシリコンを使ったり、歯の部分を自然な色合いのセラミックにすることができます。

金属床の入れ歯はレジン製に比べて薄く、食べ物の温度を感じやすく、また違和感が少ないという特徴があります。また、シリコン製の入れ歯は、床の一部がシリコンでできているため、クッションとなって痛みを感じにくくなっています。入れ歯が痛い方や歯ぐきが弱い方におすすめです。

部分入れ歯の場合も、自由診療であればクラスプがない自然な見た目の入れ歯も作ることができます。

 

K’sデンタルクリニックの入れ歯製作

当院では、保険診療・自由診療に関わらず、患者さんのお口の方を丁寧に取ることで、

お口に合いやすい入れ歯を製作しております。

入れ歯をご希望の方は、目立たない入れ歯がいい、薄い入れ歯がいい、治療費を抑えたいなどのお話をお聞かせください。ご希望に合った入れ歯をご提案いたします。

また、他の歯科医院で作った入れ歯が使いにくい、調整がしたいという時にも対応いたします。


24時間予約OK
Web予約はこちら